ここから本文です

葵祭主役に19歳女子大生=京都〔地域〕

時事通信 4/19(水) 10:39配信

 京都三大祭りの一つ「葵(あおい)祭」の主役「斎王代(さいおうだい)」に、同志社大2年の富田紗代さん(19)=京都市左京区=が選ばれた。5月15日の祭りで、十二単(ひとえ)姿でこしに乗って登場する。

 葵祭は、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する下鴨・上賀茂両神社の例祭で、約1400年の歴史がある。平安から鎌倉期の衣装を身にまとった行列が、京都市の中心部を練り歩く。かつては内親王が斎王として祭りに奉仕したが、現在は京都ゆかりの未婚女性が、斎王代に選出されている。

 第62代斎王代となる富田さんは、不動産会社役員の三女。姉2人も斎王代のお付きとして「女人列」に加わる。富田さんは「斎王代は幼い頃からの憧れ。大好きな姉2人がそばにいてくれるので心強く、楽しみです」と笑顔を見せた。 

最終更新:4/19(水) 11:10

時事通信