ここから本文です

【巨人】長野、犠飛で今季初打点!前日の被災地訪問で「頑張れと言われているような気がした」

スポーツ報知 4/19(水) 6:04配信

◆巨人3―0ヤクルト(18日・熊本)

 満員の藤崎台球場の拍手を背に、ベンチでチームメートとハイタッチをかわす長野の表情に笑顔は浮かばなかった。2点リードの8回1死満塁。代打で出るとファウルで食らいつき、7球目を振り抜いた。打球は、右翼後方へ。貴重な追加点となる犠飛は、今季15戦目で初打点となった。

 昨年4月の地震で被害の大きかった熊本・南阿蘇村には、縁があった。ホンダ野球部時代の先輩が住んでいたため、地震前から頻繁に現地を訪れていた。その先輩の家族がスタンドで応援する前で放った一打。17日には立岡とともに益城町の飯野小を訪問し、選手会長として「頑張れと言われているような気がした」と話し、気分一新で臨んでいた。

 打率はいまだ1割5分2厘。14日の中日戦(ナゴヤD)を最後にスタメンから外れ、ここ3試合は代打での出場だ。17日の練習はベテラン勢が参加を免除される中、必死の形相でバットを振っていた。

 試合後は「またあした頑張ります」と話しバスに乗りこんだ。熊本から、V字回復のスタートを切る。(原島 海)

最終更新:4/19(水) 6:04

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報