ここから本文です

大阪・中之島に「ハード系」中心のパン店「ア・ビエント」 箕面店から移転 /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 4/19(水) 15:22配信

 大阪・中之島のフェスティバルシティ(大阪市北区中之島3、TEL 06-6231-7555)西棟地下1階に4月17日、パン店「ブーランジェリー ア・ビエント 中之島店」(TEL 06-4706-0202)がオープンした。(梅田経済新聞)

「ハード系」のパンを多く用意する

 昨年12月に閉店した箕面店を移転したもので、3店舗目となる同店。店舗面積は125平方メートルで、イートイン14席。製パン技術者歴20年以上の松尾清史さんがオーナーシェフを務める。バゲット生地、カンパーニュ生地、天然酵母入り生地、国産小麦を混ぜた生地などを使い、独特の触感や味わいを生み出している。

 ハード系パンが充実しており、同店では約25種類を提供予定。旬の果物を使うデニッシュや、「バナナとクルミ」「イチゴとヘーゼルナッツ」など、ナッツと組み合わせた商品もあり、常時約80種類以上のパンをそろえる。オフィス街にあるため、OLがターゲット。今後、岡山県産の小麦を、店内に設置している石臼で自家製粉した商品も提供する予定。

 松尾さんは「現在はカフェスタイルでイートインを設けているが、今後はパンに合う料理やワインを提供するビストロ的なこともやってみたい」と話す。

 営業時間は7時~20時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:4/19(水) 19:26

みんなの経済新聞ネットワーク