ここから本文です

iOS版「Google マップ」に“タイムライン”機能が追加 ~過去の移動履歴を手軽に検索

Impress Watch 4/19(水) 12:45配信

 米Google Inc.は18日(現地時間)、iOS版「Google マップ」アプリに“タイムライン”機能を導入することを発表した。現在配信中のv4.3.0.0では確認できていないが、今度のアップデートで利用できるようになる見込み。

 “タイムライン”は、位置情報を自動で記録して地図上にマッピングし、後から自分の行動履歴を振り返ることができるようにする機能。距離や時間などから推定された移動手段を同時に記録することも可能で、指定した年・月・日の移動頻度をグラフで表示したり、撮影した写真を“Google フォト”へ保存していれば、それを併せて表示することもできる。PC版のWebとAndroidアプリにはすでに実装されている。

 最新の“タイムライン”では、自動記録された情報の編集方法が拡充。情報をより正確なものへ編集することが容易になったほか、履歴の削除も簡単になっている。また、アクティビティタイプが追加されており、サーフィンやスノーシュー、乗馬といった移動モードを設定できるようになった。

 さらに、以前に訪れた場所のプレースカードからタイムラインへ素早くアクセスする機能も追加。行動履歴のまとめを毎月メールで送信する機能なども利用できる。

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:4/19(水) 12:45

Impress Watch