ここから本文です

4原発5基の廃炉計画認可=完了まで最長29年―規制委

時事通信 4/19(水) 11:42配信

 原子力規制委員会は19日、九州電力玄海原発1号機(佐賀県)、日本原子力発電敦賀原発1号機(福井県)、関西電力美浜原発1、2号機(同)、中国電力島根原発1号機(島根県)の4原発5基について、廃止措置(廃炉)計画を認可した。

 廃炉の完了時期は2039~45年度で、最長で29年かかる。

 廃止措置計画は、廃炉作業を安全に進めるための基本計画で、工程や核燃料の管理方針、放射性廃棄物の取り扱いなどのほか、事故想定や対応策を記載。規制委の認可を受けて作業が進められる。 

最終更新:4/19(水) 11:45

時事通信