ここから本文です

ロナルド、CL100ゴール メッシ差し置き金字塔

朝日新聞デジタル 4/19(水) 13:20配信

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝で18日、レアル・マドリード(スペイン)のFWクリスティアノ・ロナルド(32)がバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)から3得点を奪って4強進出に貢献し、欧州CLでの通算得点を100点に伸ばした。

 後半31分に頭で押し込み、延長戦では左足、右足で1点ずつ。バイエルンのアンチェロッティ監督が「ロナルドの2点目はオフサイドだった」と不満を唱えようが、3点目はDFマルセロの鮮やかなドリブル突破に並走し、無人のゴールに押し込むだけで良かったなどの声があろうが、後世まで記録に残るのはロナルドのハットトリック。

 この日、前半はミスが目立ち、サポーターのため息を誘う場面が多かったが、勝負どころは逃さない。

 「クラブ世界最高峰」を争う大会で3桁のゴールは、バルセロナ(スペイン)のリオネル・メッシの94を差し置き、前人未到の金字塔だ。

 また、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター(イングランド)は4強入りを逃した。(マドリード=稲垣康介)

朝日新聞社

最終更新:4/20(木) 0:26

朝日新聞デジタル