ここから本文です

銚子で瞬間風速26・4メートル 「春の嵐」に鉄道など乱れる

産経新聞 4/19(水) 7:55配信

 発達した低気圧が北東に進んだ影響で、18日、県内全域で強風注意報が一時発令されるなど「春の嵐」に見舞われた。銚子地方気象台によると、銚子で最大瞬間風速26・4メートル、館山で同23・9メートルを観測。電車の運休が相次ぎ、県内の公立校計22校で始業時間を遅らせるなど、各機関に影響が出た。

 また、千葉で正午ごろに今年最高となる最高気温25・9度を観測するなど、25度を超える夏日を記録する地域もあった。JR東日本千葉支社によると、強風の影響で京葉線など上下線計161本が運休するなど大幅にダイヤが乱れ、計約4万8800人に影響した。

 県教育委員会によると、県内の公立校のうち、小学校で16校、中学校で5校、高校で1校が強風などの影響で始業を遅らせた。一方で、県危機管理課によると、強風によるけが人などの報告は確認されていないという。

最終更新:4/19(水) 7:55

産経新聞