ここから本文です

樋口新葉3回転半成功 浅田真央の代名詞、国別対抗練習

朝日新聞デジタル 4/19(水) 17:08配信

 フィギュアスケート女子の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が19日、東京・代々木競技場で行われた世界国別対抗戦(20日開幕)の公式練習でトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを2度着氷させた。

【写真】公式練習でトリプルアクセルを成功させた樋口新葉=北村玲奈撮影

 樋口は公式練習で5度挑戦。1度目できれいに着氷させると、会場の拍手を浴び、笑顔も見せた。2度目は転倒。3、4度目は着氷が乱れたが、5度目は片足で踏ん張り、着氷させた。

 樋口は「アクセルを降りたのは初めてだが、ふわっと浮いて、まわった感じ。考えすぎずに跳べたと思う」と納得の表情だった。

 岡島功治コーチは報道陣の取材に対し、「ずいぶん前から練習では挑戦してきたが、こんなにきれいに降りたのは初めてだった」と話した。今大会での挑戦には否定的だったが、「来季はフリーで入れるつもり」と語った。

 国際スケート連盟公認試合でトリプルアクセルを成功させた女子は過去に7人しかいない。日本勢では伊藤みどり、中野友加里、浅田真央のほか、現役では14歳の紀平梨花(関大ク)が成功している。

朝日新聞社

最終更新:4/19(水) 19:17

朝日新聞デジタル