ここから本文です

慰安婦合意破棄を=「誰とでも連帯」―韓国団体幹部

時事通信 4/19(水) 16:01配信

 【ソウル時事】日韓両政府間の慰安婦合意に反対している民間団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」は19日、ソウルの日本大使館前で水曜恒例の抗議集会を開いた。

 朴槿恵前大統領の罷免に伴う大統領選(5月9日)の選挙戦がスタートして以来初めてで、数百人の参加者は慰安婦を象徴する少女像を囲み、「日本政府は被害者に公式謝罪せよ」「韓日両政府は慰安婦合意を破棄せよ」と気勢を上げた。

 挺対協の尹美香常任代表は時事通信の取材に対し、「挺対協は、慰安婦問題で共に行動できるなら、誰とでも連帯していく」と強調。「大統領選に出馬している候補はいずれも、『韓日合意は無効』という考えを表明しており、誰を支持しないとか、誰を前向きに評価するといった立場はない。国民が決めることだ」と話した。 

最終更新:4/19(水) 17:26

時事通信