ここから本文です

「劇場版 マジンガーZ」外伝マンガ2種が連載、永井豪のアヌシー映画祭出席も決定

4/19(水) 17:00配信

映画ナタリー

アニメーション作品「劇場版 マジンガーZ(仮題)」の公開に先駆けて、外伝マンガが連載されることが決定。あわせて、原作者・永井豪が6月にフランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭2017に登壇することが発表された。

【写真】「劇場版 マジンガーZ(仮題)」第1弾ビジュアル(他3枚)

外伝マンガは、小沢高広(うめ)がシナリオ、長田馨がマンガを担当する「マジンガーZ インターバルピース」と、衣谷遊の「マジンガーZ アルターイグニッション」の2作。「インターバルピース」は月刊ヤングマガジンにて6月号より連載開始、「アルターイグニッション」はダイナミック企画の公式サイトに掲載される。

なお永井は同映画祭で行われる「劇場版 マジンガーZ」の特別イベントに出席する。

「マジンガーZ」は、永井が1972年から1973年にかけて週刊少年ジャンプで連載した作品。東映アニメーションが制作する本作では、1972年から放送されたテレビシリーズの世界を起点に、新たな物語が展開する。監督を「ONE PIECE」や「プリキュア」シリーズで知られる志水淳児が務め、声のキャストには森久保祥太郎と茅野愛衣が名を連ねる。

(c)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 (c)2017 Go Nagai・Takahiro Ozawa(UME)・Kaoru Osada/Dynamic Production (c)2017 Go Nagai・Yu Kinutani/Dynamic Production

最終更新:4/19(水) 17:00
映画ナタリー