ここから本文です

【天皇賞・春】キタサンブラック、連覇へ1週前追い切りで半馬身先着

スポーツ報知 4/19(水) 13:22配信

 天皇賞・春・G1(4月30日、京都・芝3200メートル)で、G1・5勝目を目指すキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)が19日、栗東・CWコースで1週前追い切りを行った。

 アキトクレッセント(5歳1600万)の3馬身後方からスタート。4コーナーで僚馬の内側を通って差を詰めると、直線はいっぱいに追われて半馬身先着した。

 手綱を執った黒岩騎手(レースは武豊騎手)は「時計を出していこうという指示。乗っている感覚より時計は少しかかりましたが、前走(大阪杯=1着)がガス抜きになったようで、気負ったところもなく、いい雰囲気でしたよ」と合格点を与えた。清水久調教師も「予定通り。いつも通りの動きで、何の心配もありません」と納得の笑みを浮かべた。

最終更新:4/19(水) 13:22

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ