ここから本文です

2度のがん克服した“ドドンパ娘”に徹子が「一発屋」について聞く

スポーツ報知 4/19(水) 13:27配信

 19日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に、ミリオンセラーのヒット曲「東京ドドンパ娘」(1961年発売)を歌った歌手の渡辺マリが出演した。

 60代の時、肺がんと口腔がんで2度の闘病生活を送ったという渡辺。一時は歌う事から離れていたが、スタジオで生歌を披露した。

 司会の黒柳徹子(83)は「一発屋…ごめんなさいね。当時は一発屋って言われたんだけど、平気だったの?」と質問。渡辺は「いや、私、申し訳ないけど、歌でずーっという人生って考えておりませんでしたから、一発って言われても何とも思わなかった」とさらりとかわしていた。

最終更新:4/19(水) 13:27

スポーツ報知