ここから本文です

「eスポーツ」がメダル種目に 2022年のアジア競技大会

ITmedia NEWS 4/19(水) 16:42配信

 アジアオリンピック評議会はこのほど、4年に1度開催しているスポーツ国際大会「2022年 アジア競技大会」で、コンピュータゲームの腕を競い合う「eスポーツ」を正式なメダル種目にすると発表した。

【その他の画像】

 eスポーツは、野球やサッカーなど一般のスポーツと同様に、競技としてコンピュータゲームの腕を競い合うもの。海外では“プロスポーツ”という認知が浸透し、プロリーグやプロチームも存在するが、日本では競技者数が少なく、発展途上にある。

 eスポーツがメダル種目になるのは、2022年に中国・杭州で開催されるアジア競技大会。アジアオリンピック評議会が、大会スポンサーの中国Alisports(Alibabaグループ傘下)と連携し、実現したという。18年のアジア競技大会(インドネシア・ジャカルタ)でも参考種目になる予定だが、具体的なゲームタイトルなど、競技の詳細は明かされていない。

最終更新:4/19(水) 16:42

ITmedia NEWS