ここから本文です

米空母の抑止力重要=菅官房長官

時事通信 4/19(水) 17:15配信

 菅義偉官房長官は19日午後の記者会見で、米軍が北朝鮮の核・ミサイル対処の一環として原子力空母カール・ビンソンを朝鮮半島近海に向かわせていることについて、「地域の安全保障環境が一層厳しさを増す中で、米国の抑止力を確保するのは重要だ」と述べた。

 到着が当初予定より遅れているとの情報に関しては、「米軍の運用に関わる事項だ」としてコメントを避けた。 

最終更新:4/19(水) 17:37

時事通信