ここから本文です

内村「より切れある演技を」=体操男子

時事通信 4/19(水) 17:35配信

 体操の全日本選手権で個人総合10連覇を達成した内村航平(リンガーハット)が19日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで練習を公開し、世界選手権の代表を争うNHK杯(5月20、21日、東京体育館)に向け、「目に見える減点を減らしていく。全日本より切れのある演技ができるはず」と自信を口にした。

 つり輪の練習では、肘の曲がりを厳しく減点されるようになったため、技を終えるごとに映像を念入りにチェック。また、技の難度を示すDスコアについて「(全日本選手権から)上げるつもりはない。もう少し下げるかもしれない」と話し、NHK杯では技の出来栄えを示すEスコアを伸ばしていく考えを示した。 

最終更新:4/19(水) 17:39

時事通信