ここから本文です

【日本ハム】大谷が負傷後初のネットスロー…患部にはまだアザ残る

スポーツ報知 4/19(水) 15:06配信

 左太もも裏の肉離れで2軍調整中の日本ハム・大谷翔平投手(22)が19日、千葉・鎌ケ谷の2軍室内練習場で8日のオリックス戦(京セラD)で患部を負傷後、初めてネットスローを行なった。

 約2メートル先のネットに正対し、患部に負担がかからないように約50球、15分程度、感触を確かめながら投げ込んだ。

 これまでは隣接する寮内にあるトレーニング室で、上半身のウエートトレなどを行なってきたが、この日から室内での練習を再開した。

 患部にはまだアザが残っており、歩く際も少し引きずる動作も見られた。全治4、6週間と診断されたリハビリにはまだ時間がかかりそうだ。

最終更新:4/19(水) 15:06

スポーツ報知