ここから本文です

建設業辞書を搭載した手書き入力メソッド「建設mazec」、土木現場での利便性を向上

Impress Watch 4/19(水) 15:11配信

 株式会社MetaMoJiは19日、手書き入力方式「mazec」に建設用辞書を搭載し、iOS向けの建設用アプリとあわせて利用できる手書き入力メソッド「建設mazec」をアップデートした。同日より販売を開始する。

 建設mazecは、建材名、工法名などの建設用語に対応した辞書を搭載することで、建設現場で使われる専門用語を簡単・効率的に入力できるよう支援する、手書き文字入力メソッド。難しい建設用語が書けなくても、交ぜ書き変換で漢字入力を行えるほか、長い建設用語も推測変換で簡単に入力できるのが特長だ。

 今回のアップデートでは、土木の現場でよく使われる用語を約4000語追加し、登録用語数を約1万8000語まで拡張。これにより、従来以上に幅広い業務で活用可能になったという。

今回追加された土木専門用語の例:

後荷(あとに)
圧密係数(あつみつけいすう)
跡坪検収(あとつぼけんしゅう)
緯距(いきょ)
エアミルク
葡行(ほこう)
弦材(げんざい)
応力解放(おうりょくかいほう)
応力経路(おうりょくけいろ)
比流量(ひりゅうりょう)

 価格は1ライセンスあたり4000円(税別)から。iOS 8以上の環境に対応している。

クラウド Watch,石井 一志

最終更新:4/19(水) 15:11

Impress Watch