ここから本文です

ダルビッシュ2勝目逃す 6回途中4失点 味方の先制直後に突然の乱調

スポニチアネックス 4/19(水) 13:19配信

 ◇ア・リーグ レンジャーズ―アスレチックス(2017年4月18日 オークランド)

【写真】聖子夫人(左)と兄の山本KID徳郁

 レンジャーズのダルビッシュ投手(30)は18日(日本時間19日)のアスレチックス戦に今季4度目の先発。前回登板に続く2勝目が期待されたが、6回途中、5回1/3を投げて3安打4失点の内容で勝利投手の権利を得ることはできなかった。

 アスレチックス戦は今季2度目の先発となったダルビッシュ。8日の登板では6回1失点の投球も、打線の援護がなく敗戦投手となっていた。今回の登板では序盤から変化球が冴え、凡打の山を築いて5回まで無失点。味方打線も援護し、6回にアスレチックスの先発・トリッグスを攻略して2点を先制した。

 しかし、ダルビッシュはその裏に落とし穴。先頭のプルーフにこの試合初の四球。マクスウェルは左飛に打ち取ったが、続くロサレスには甘いカーブを叩かれ、同点となる左越え2ランを浴びた。

 さらに、デッカーには左中間への二塁打。アロンソにはこのイニング2つ目の四球を与えて、1死一、二塁とピンチ。球数は82球とまだ余裕があったが、ここでバニスター監督は2番手・バーネットをコール。バーネットと3番手・アルバレスがダルビッシュの出した2人の走者生還を許した。

最終更新:4/19(水) 14:08

スポニチアネックス