ここから本文です

DeNA 5番のロペスが先制打 打線組み替えが功を奏す

4/19(水) 19:20配信

デイリースポーツ

 「広島-DeNA」(19日、マツダスタジアム)

 「5番・一塁」で出場したDeNAのホセ・ロペス内野手が、先制打を放った。四回2死二、三塁。1ボール1ストライクから広島のドラフト3位・床田(中部学院大)のストレートを確実に捉え、鮮やかに中前に運ぶ適時打で2点を奪った。

 ロペスは「(先発の)今永が良いピッチングをしていたので、先に点を取って楽にさせてあげたかったです。内野の間を抜けて良かったです」と笑顔で話した。

 この日は今季初めて3番に梶谷、5番にロペスを入れるオーダーを組んだ。中軸の宮崎敏郎内野手が、左脇腹痛で離脱したためで「バランスを考えてロペスを5番にした。5番を打てるバッターが他に見当たらない」とラミレス監督。打線の大幅な入れ替えが功を奏した。

スポーツナビ 野球情報