ここから本文です

ボルボ、「V40 クロスカントリー」シリーズの限定モデル「INATOMO SELECTION」

Impress Watch 4/19(水) 15:16配信

 ボルボ・カー・ジャパンは4月18日、「V40 クロスカントリー」シリーズの限定車「V40 クロスカントリー INATOMO SELECTION(イナトモ セレクション)」を発売した。40台の台数限定で、価格はともに459万円。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回の特別仕様車は女性誌「STORY」(光文社刊)のカバーモデルで、2016年からボルボのアンバサダーを務める稲沢朋子さん(愛称:イナトモさん)がプロデュース。2.0リッターディーゼルターボエンジンの「D4」と、2.0リッターガソリンターボエンジンに4WDシステムを組み合わせた「T5 AWD」の2種類のパワートレーンをベースにしていて、「D4 INATOMO SELECTION」が限定30台、「T5 AWD INATOMO SELECTION」が限定10台となる。

 ボディカラーには「デニムブルーメタリック」を採用。インテリアの本革シートは通常仕様だと選択できない「アンバー」色を組み合わせ、都会的なカラーコーディネーションとしている。また、通常はオプション装備となる「パノラマ・ガラスルーフ」を特別に標準装備し、大きな開口部で室内に明るさと開放感をもたらしている。

 そのほかにも安全装備として、前方を走る車両だけでなく歩行者や自転車も検知し、危険が迫った場合は必要に応じて自動でフルブレーキが作動する「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」や、歩行者との衝突を感知するとエアバッグがフロントウインドウに展開し歩行者の負傷の程度を軽減させる「歩行者エアバッグ」など、11種類以上の先進安全・運転支援機能を標準装備している。

Car Watch,編集部:北村友里恵

最終更新:4/19(水) 15:16

Impress Watch