ここから本文です

チェン、7回まで無安打無失点も球数100球で交代「監督に判断を任せました」

スポーツ報知 4/19(水) 16:15配信

◆マリナーズ0―5マーリンズ(18日・シアトル)

 元中日のマーリンズ・チェン投手が18日(日本時間19日)、マリナーズ戦に先発し、7回無安打無失点で降板した。あと2イニングでノーヒットノーランだったが、投球数が100球に到達したこともあって交代した。

 2番手・ジーグラーが8回を無安打に抑えたものの、9回に登板したベアラクラが1死からハニガーに右前打を浴び、継投による無安打無得点達成も逃した。

 試合後、チェンは「最後まで投げたい気持ちはあったけど、監督に、決めて下さい、と判断を任せました」と説明。マッティングリー監督は「去年はひじを痛めていたし、中盤から球数が多くなっていたこともあったから」と降板理由を説明した。

 なお、イチロー外野手、田沢投手は出場しなかった。

最終更新:4/19(水) 16:15

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報