ここから本文です

<原子力規制委>「ほっとしている」田中委員長9月退任へ

毎日新聞 4/19(水) 22:09配信

 今年9月の任期満了で退任する見通しとなった原子力規制委員会の田中俊一委員長(72)は19日の定例記者会見で、「(体調に)年相応のトラブルがあるので、いい時かと思ってほっとしている」と心境を語った。

 田中氏は、東京電力福島第1原発事故の反省から2012年に発足した規制委の初代委員長。「原子力規制への信頼回復は一朝一夕でできることではない。永遠の努力目標」と、これまでの仕事を振り返った。

 また、後任予定になっている規制委の更田豊志委員長代理(59)については「いろいろな方が彼の能力を高く評価している。シャープで専門的知識もある。持ち味を出してほしい」と述べた。

 政府は18日、田中氏の後任に更田氏を起用する人事案を国会に提示した。国会の同意が得られれば、9月に更田氏が2代目の規制委員長に就任する。任期は5年間。【柳楽未来】

最終更新:4/19(水) 22:12

毎日新聞