ここから本文です

秩父鉄道、広瀬川原車両基地を開放する「わくわく鉄道フェスタ2017」を5月20日開催

Impress Watch 4/19(水) 16:40配信

 秩父鉄道は、広瀬川原車両基地(埼玉県熊谷市大麻生)で鉄道イベント「わくわく鉄道フェスタ2017」を5月20日に開催する。同イベントは今回で13回目。

【この記事に関する別の画像を見る】

 東武鉄道が保有する8000系(8506F)のほか、電気機関車(幸せの黄色い機関車502号)や秩父三社トレイン(7500系7505号)、秩父ジオパークトレイン(7500系7502号)、5000系、マルチプルタイタンパー(マルタイ)、12系などが展示され、運行30周年を記念して特別装飾を施したSLパレオエクスプレス(C58 363)の運転台見学も行なえる。

 当日は熊谷発などの臨時直通列車も予定されており、7505号、7502号、5000系が運行にあたる。

わくわく鉄道フェスタ2017

開催日時:2017年5月20日10時~15時
会場:秩父鉄道 広瀬川原車両基地(埼玉県熊谷市大麻生)
アクセス:秩父鉄道「ひろせ野鳥の森駅」から徒歩15分
入場:無料
来場記念品:トートバッグ(先着3000名)

 また、以下のステージイベント、体験イベントも実施する。

ステージイベント

・鉄道ものまね芸人 立川真司氏ライブ
・熊谷うちわ祭囃子、熊谷よさこい演舞、忍城おもてなし甲冑隊演舞、フラダンスなど
・熊谷市内中学校の吹奏楽演奏
・埼玉県ご当地ヒーローズ・ヒーローショー
・社員有志による秩父屋台囃子演奏

体験イベント

運転台操作体験:運転台での運転模擬体験(小学生限定、4月20日からWeb予約受付)
検修庫内ジャズ演奏:普段入ることができない検修庫内でジャズを演奏(4月20日からWeb予約受付)
コスプレ:コスプレをしたまま会場内で記念撮影が可能(当日受付)
ディーゼル機関車:運転席乗車体験(小学生以下限定)
そのほか:6000系台車ブレーキ操作体験、トラバーサー乗車体験、ミニSL/ミニ電車乗車、撮影パネルで記念撮影&手旗体験、チョロQレース大会

トラベル Watch,編集部:松本俊哉

最終更新:4/19(水) 16:40

Impress Watch