ここから本文です

キャリアのスマホで格安SIMを使うときの注意点は? IIJ堂前氏が解説

4/19(水) 22:37配信

ITmedia Mobile

 インターネットイニシアティブ(IIJ)が、4月15日にファンミーティング「IIJmio meeting 15」を開催。同社の技術広報担当課長エンジニア 堂前清隆氏が、「SIMロックを解除してau、ソフトバンクのスマホを使うとどうなるのか?」というテーマで、IIJmioのSIMカードでキャリア端末を使う際の注意点などを詳しく説明した。格安SIMでキャリア端末を利用する際に注意したいポイントが満載だったので、MVNOへの乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にしていただきたい。

【Android端末はややこしい】

●SIMロックと対応周波数がカギ

 「格安スマホ」という言葉が一般的になった現在、MVNOと契約する人の多くは、MVNOのSIMカードとSIMロックフリー端末をセットで購入して利用している。IIJでも端末とSIMカードをセットで販売しているし、家電量販店でも取り扱いが増えている。

 一方、これまで使ってきたドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォンが、MVNOのSIMカードでも動作するのかどうかは、気になる点だ。今使っている機種を買い替えたくない、余ったスマホを家族に使わせたい、または中古のキャリア端末を買ったといった時に、格安SIMを問題なく使えるのだろうか?

 キャリアスマホをIIJmioを始めとしたMVNOのSIMで使う場合、大きく2つの注意点がある。1つはSIMロック。キャリアが販売したスマホは、原則的にそのキャリアの契約で使う。SIMロックは、他社のSIMカードでは使えないようにする仕組みだ。キャリアが販売するスマホは基本的にSIMロックがかかっており、他キャリアのSIMカードでは使えない。

 もう1つは対応周波数だ。各キャリアは異なる電波を使っており、ドコモが販売するスマホはドコモの電波に対応している。対応周波数が違うと通信できず、つながらない。

 まずはこの2つのポイントを理解することが大切だ。さらに、MVNOのSIMカードをiPhoneに挿すのか、Android端末に挿すのかで、話が大きく変わる。

●キャリアのiPhoneを使う場合

 iPhoneは分かりやすい。iPhoneの背面には「A1779」「A1785」などの「モデル番号」が記載されている。例えば、日本で販売されているiPhone 7は、ドコモでもauでもソフトバンクでも、さらにはAppleストアで売られているSIMロックフリーのiPhone 7でも、同じモデル番号A1779が記載されている。これは、日本国内にある正規のiPhoneは通信機能が同じということだ。

 日本のiPhoneは、どのキャリアで販売されたものでも、他キャリアの基地局と通信できる性能を備えている。通信できないのはSIMロックが掛かっている場合で、SIMロックを解除すれば、MVNOを含むどのキャリアのSIMカードでも使えるようになる。

 IIJmioのSIMカードには、ドコモの回線を借りて提供している「タイプD」と、KDDI(au)から回線を借りて提供している「タイプA」のSIMがある。ドコモが販売したiPhoneの場合、タイプDのSIMでSIMロックを解除しなくても使えるというメリットがある。

 そうすると、auのiPhoneは、タイプAのSIMでそのまま使えないのか? という疑問が出てくる。残念ながらそのままでは使えず、SIMロックを解除しなくてはならない。

 では、SIMロックはどうやって解除するのか。現在出回っているiPhoneには、SIMロックを解除できるものとできないものがある。SIMロック解除できるiPhoneは、2015年5月以降に発売されたiPhone 6s/6s Plus以降の機種。2015年5月以降という時期は、総務省のガイドラインによって決定した。今後、新しいiPhoneが登場しても、原則的にはSIMロック解除ができるはずだ。

●SIMロック解除の条件と手続き

 実際にSIMロックを解除するには3つの条件がある。

 1つ目は、SIMロック解除が可能な端末であること。2つ目は、ユーザーが購入後、180日以上経過していることだ。3つ目は、ネットワーク利用制限がかけられていないこと。いわゆる“赤ロム”ではないことだ。スマホを割賦で購入した場合に、支払いがきちんと行われていることが条件だ。

 「180日以降」という条件は、2017年8月から「100日程度」に改正される予定だ。一括払いで端末代金を払ってしまった場合は、速やかにSIMロックが解除できるようになる見込み。

 また、auは中古販売店で購入した端末でもSIMロック解除が可能だが、ソフトバンクは端末を購入した本人しか解除できない。中古で購入したもの、譲渡されたものに関しては解除できない。さらに、自分で買った端末であっても、ソフトバンクの契約中、もしくは解約後90日間までしか解除できない。

 解除の手続きは、スマートフォンやPCからオンラインで手続きすると無料、ショップでは有料(3000円)だ。

 iPhoneのSIMロック解除後は、MVNOのWebサイトからAPN構成プロファイルをインストールすればいい。「この作業は比較的簡単にできる。ネットで手続きすると無料なので、試しにやってみるのもいい」と堂前氏も勧めていた。

 ちなみに、SIMロックを解除してもiPhone内の写真などのデータは消えないとされている。しかし、auのWebサイトには「消失する恐れがあります」と記載されており、念のためバックアップを取ってから解除した方が安全とのことだ。SIMロックを解除しても、iPhoneの見た目や操作感はそのままで、Apple IDや購入したアプリもそのまま使える。

●Android端末の場合は対応周波数に注意

 キャリアのAndroid端末をMVNOのSIMで使いたいという場合には、iPhoneよりも注意すべき点が多くなる。

 堂前氏は、3キャリアで販売されているサムスン電子の「Galaxy S6 edge」を例に説明。各社のGalaxy S6 edgeは、写真でみるとウィジェットの位置やメールアプリが変わっているだけでほとんど同じに見えるが、中身は異なっている。

 下のスライドのように、Galaxy S6 edgeをSIMロック解除してもMVNOのSIMが利用できない可能性や、利用できても注意が必要な場合がある。

 Galaxy S6 edgeは、見た目はそっくりでも、各キャリア版で対応周波数(Band)が異なることが大きい。以下の表は、各社の基地局が使っている電波の表。ドコモはBand 1、19、21、3、28を使っている。ソフトバンクのBand 1、3、28はドコモと同じだが、他は対応していない。電波は総務省から各社に割り当てられて、それぞれ異なるものを使っているのだ。

 下の表では、ドコモの基地局は○が付いている周波数の電波を出しているのに、ソフトバンクのGalaxy S6 edgeは黄色く色付けされた周波数しかキャッチできない。ドコモのBand 19、21、28の電波は、ソフトバンク端末では残念ながら拾えない。

 この中で特に問題になるのがBand 19、ドコモの800MHz帯だ。実はドコモはBand 19だけを使ってサービスを提供しているエリアがある。主に山間地で人口密度が低い地域だ。こういった地域で800MHz帯に対応していないソフトバンク版Galaxy S6 edgeを使うと、電波が弱かったり圏外になったりするのだ。

 堂前氏は、ドコモ800MHz帯のみサポートしているエリアで、実際に端末がどのような挙動をするのかを検証した。ドコモのサービスエリア検索で800MHz帯だけとされている西武秩父線芦ヶ久保駅に自ら出向き、実験した。ところがなんと、Galaxy S6 edgeがなぜかBand1をキャッチしている! しかし、ステータスバーのアンテナマークを見ると、電波はかなり弱いことが分かる。

 念のためSIMロックフリーのarrows M03とNexus 5Xでも確認したところ、アンテナマークでは電波をしっかりキャッチしており、Nexus 5Xはドコモ回線の「EARFCN6100(800MHz)」をつかんでいることが分かる。

 芦ヶ久保駅近辺では800MHz帯の電波でエリアが構築されており、ソフトバンク版Galaxy S6 edgeがつかんだBand 1の電波は、山の向こうからたまたま飛んできたものだと予想される。ともかく、800MHz帯に対応していないソフトバンクのGalaxy S6 edgeは山間地では使いにくく、圏外になる可能性が高いということが確認できた。

●IIJmioのタイプA SIMを使った場合

 一方、IIJmioのタイプA SIMは、端末がau VoLTEに対応していないと使えないSIMだ。ドコモとソフトバンクのスマホが自社のVoLTEに対応していても、au VoLTEに対応しているわけではない。そのため、これらの端末をSIMロック解除しても、タイプA SIMでは、データ通信はできるかもしれないが、通話はできなかったり、圏外になったりする可能性が高い。

 ただ、堂前氏がソフトバンク版Galaxy S6 edgeにタイプA SIMを挿して検証したところ、なぜかVoLTEで通話ができたという。ただし「それがたまたまなのか、端末がそういう設定になっているかは不明」なので、「使えるとはいえない」とのこと。原則として、au VoLTEに対応していない端末で、タイプA SIMは使えないと覚えておこう。

 タイプA SIMは、auが販売したスマホをSIMロック解除すると使える。タイプAのSIMはauの基地局を使っているので、電波がマッチするからだ。

●ただし、テザリングができない端末もある

 以上、いくつか注意点はあるが、auとソフトバンクの端末は、SIMロックを解除すれば、IIJのSIMカードでも使えるということになる。

 ただし、全ての機能が使えるわけではない。今回検証したソフトバンク版Galaxy S6 edgeは、IIJmioのSIMを挿したときにテザリングが利用できなかったという。SIMロックを解除したiPhoneでも、au系MVNOのSIMではテザリングができないことが報告されている。

 一方でテザリングが利用できる端末もある。テザリングの可否は、全てのスマホでは検証されておらず、データもまとまっていない。試してみないと分からないという状態で、IIJでも調査ができていないそうだ。テザリングをどうしても使いたい場合は、ネットで体験談を探してみるくらいしかできない。

最終更新:4/19(水) 22:37
ITmedia Mobile

Yahoo!ニュースからのお知らせ