ここから本文です

【南関東競馬】北島三郎オーナー所有のキタサンサジンが重賞初V

デイリースポーツ 4/19(水) 21:46配信

 「第28回東京スプリント・Jpn3」(19日、大井)

 1番人気に支持されたキタサンサジンが、3番人気のブライトラインの追撃を頭差しのいで逃げ切り勝ち。初めての重賞挑戦で、見事に重賞初制覇を決めた。3着は4番人気のレーザーバレットが入った。

 新しい砂の短距離王誕生の予感だ。重賞初出走ながら1番人気に支持されたキタサンサジン。スタートダッシュはあまり良くなかったが、初コンビの内田博がグイグイと手綱を押して果敢にハナを奪った。直線に入っても勢いは衰えず、後続の追い込みをしのいで先頭でフィニッシュ。「運のあるオーナーなんで、僕もあやかって勝つことができました。これからまだまだ強くなる馬です」と内田博はパートナーの頑張りをたたえた。

 北島三郎オーナーにとっても、思い入れのある愛馬。母のキタサンヒメは新馬勝ちなど大井で3勝をマーク。自ら考えて父のサウスヴィグラスを配合したという。大井競馬場に足を運び勝利の瞬間を見届け「自分の体調が今ひとつの時に馬が頑張ってくれた。これを励みにしたいね」を満面の笑みを浮かべていた。来週の天皇賞・春(30日・京都)には、大阪杯を快勝したキタサンブラックがスタンバイ。まだまだ春のキタサン祭りは続きそうだ。

最終更新:4/19(水) 21:53

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ