ここから本文です

防水+重低音のソニー製ポータブルスピーカーに新ラインナップ

Impress Watch 4/19(水) 18:10配信

 ソニーは、Bluetoothで接続するポータブルスピーカーの新ラインナップとして、防水や重低音再生、前面パネルがLEDで光るなどの特徴を備えた「SRS-XB40」「SRS-XB30」「SRS-XB20」「SRS-XB10」の4製品を5月13日に発売する。価格はオープン価格で、販売予想価格は「SRS-XB40」が2万4000円前後(税抜、以下同)、「SRS-XB30」が1万9000円前後、「SRS-XB20」が1万3000円前後、「SRS-XB10」が9000円前後。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「SRS-XB40」「SRS-XB30」「SRS-XB20」の3製品は、フルレンジスピーカーに2基のパッシブラジエーターを搭載し、迫力の重低音を実現したモデル。IPX5相当の防水仕様になっている。

 前面のパンチメッシュグリルの周囲にはLEDで光るラインライトを装備し、音楽に合わせて光る演出が楽しめる。また、これら3製品を最大10台まで無線で連携できる「ワイヤレスパーティーチェーン」機能を搭載しており、空間演出もできるとしている。スマートフォン用アプリではラインライトの調整が可能で、「SRS-XB40」については別のスマートフォン用アプリでドラムやスクラッチなどの効果音も加えられるようになっている。

 「SRS-XB10」はラインナップ中で最も小型の、円筒形のデザインを採用。LEDラインライトは搭載されない。IPX5相当の防水仕様で、付属のストラップで吊るすことが可能。またストラップを台として使い、横置きにすることもできる。2台を連携すればステレオスピーカーとして利用できる。

 「SRS-XB40」の駆動時間は連続24時間。大きさは約279×100×105mmで、重さは約1500g。「SRS-XB30」の駆動時間は連続24時間。大きさは約228×82×86mmで、重さは約980g。「SRS-XB20」の駆動時間は連続12時間。大きさは約198×68×89mmで、重さは約590g。「SRS-XB10」の駆動時間は連続16時間。大きさは約75(直径)×91mmで、重さは約260g。

 ボディカラーは「SRS-XB40」がブラックのみ。「SRS-XB30」はブラック、ブルー、グリーン、オレンジレッドの4色、「SRS-XB20」はブラック、ブルー、グリーン、グレイッシュホワイト、オレンジレッドの5色、「SRS-XB10」はブラック、ブルー、グリーン、オレンジレッド、グレイッシュホワイト、イエローの6色。

ケータイ Watch,太田 亮三

最終更新:4/19(水) 18:10

Impress Watch