ここから本文です

【中日】今季初4番・平田の犠飛で4試合ぶりに先取点

スポーツ報知 4/19(水) 19:18配信

◆中日―阪神(19日・ナゴヤドーム)

 中日が4試合ぶりに先制点を挙げた。初回1死二、三塁の好機を迎え、今季初めて4番に座った平田良介外野手(29)が左犠飛を放った。中日が先取点を挙げたのは、14日の巨人戦(ナゴヤD)以来、4試合ぶり。また、初回に得点したのは5日の広島戦(ナゴヤD)以来、11試合ぶり。

 3連敗を喫した18日の試合後、森繁和監督(62)が「何か手を打っていかないと」と話したように、この日は打順を大幅に変更。不振のゲレーロをスタメンから外し、開幕から全15試合で4番だったビシエドを7番に下げた。そして3番・大島、4番・平田、5番・藤井の新クリーンアップで臨んだ。

最終更新:4/19(水) 19:25

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報