ここから本文です

小嶋陽菜「本当にありがとう、AKB48!」=卒業公演で涙、アイドル人生は「100点」

時事通信 4/19(水) 23:47配信

 AKB48・小嶋陽菜の卒業公演が19日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた。29歳の誕生日を迎えたこの日、小嶋は「11年間、本当にずっと楽しかったです。ありがとうございました」と観客に謝意を伝え、1期生として慣れ親しんだステージを後にした。

〔写真特集〕AKB48小嶋陽菜が卒業公演

 卒業公演には、姉妹グループからの兼任メンバーを除くAKB48のメンバーと、OGの高橋みなみが出演。セットリストは小嶋自身が考案したといい、小嶋はセンターを務めたグループのシングル曲「シュートサイン」「ハート・エレキ」のほか、公演曲の「ハート型ウイルス」などを歌い踊った。

 アンコールでは、自身の卒業ソング「気づかれないように」をソロで熱唱し、メンバーと共に「桜の花びらたち」を涙ながらに歌った。この後、後輩に向けて「これから大変なことがたくさんあると思うけれど、この劇場があるAKB48のみんなは、きっと何でも乗り越えられるはず。みんなで(グループ総監督の横山)由依ちゃんのことを支えてあげてください」とメッセージを送った。

 最後の楽曲として選んだのは「夕陽を見ているか?」。歌う前には「すごく軽い気持ちで入ったAKB48に、本気になる瞬間が何度もありました。みんなと出会えたのも、今までの私も、これから先の私も、全てAKB48が与えてくれました。本当にありがとう、AKB!」と話していた。

 公演中に行われた小嶋の「生誕祭」では、総合プロデューサー・秋元康氏からの手紙が読み上げられた。「ふにゃふにゃしていて、やる気がないように見えて、本当は誰より真面目で責任感があって、AKB48を愛し続けてくれた君に、心の底から感謝します。卒業おめでとう。第2の人生のスタートを祝福します」。秋元氏からのメッセージを聞いて涙を流した小嶋は、「秋元さんに背中を押してもらった。29歳の年は一人の小嶋陽菜として頑張っていこうと思います」と誓いを立てた。

 公演後、取材に応じた小嶋は、「ただただ周りのスピードが速すぎて、ついていったら時間がたっていた」と、AKB48としての日々を振り返った。「アイドル生活を自己採点すると?」と質問を受けると、「自己採点だけでなく、みんなからも100点と言われると思う。自信があります」と胸を張った。

 今後については、「のんびりしつつ、次にやりたいことを見つけたり、いろいろ吸収したりしたい。今しているファッションのお仕事はもっとやっていきたい」とコメントした。

最終更新:4/20(木) 14:42

時事通信