ここから本文です

平井堅、武道館ライブでフライング歌唱「誰か止めてくださ~い」

スポーツ報知 4/19(水) 21:37配信

 歌手の平井堅(45)が19日、東京・日本武道館で東阪ツアーの最終公演を行った。

 冒頭から「明日死んでもいいという気持ちで、命をかけて歌いたい。最後まで受け止めておくれ」と気合十分の平井。TBS系ドラマ「小さな巨人」主題歌の新曲「ノンフィクション」(6月7日発売)や代表曲「瞳をとじて」などで観客9000人を魅了した。

【写真】「小さな巨人」主演の長谷川博己

 ライブでは本人の念願だったフライング歌唱に初挑戦。メインステージで「POP STAR」を歌いながらワイヤで宙づりの状態になると、「誰か止めてくださ~い」と絶叫し、高さ15・5メートルの空中を浮遊。アリーナ中央のセンターステージへ移動し、再び上昇しながら「KISS OF LIFE」を熱唱した。スクリーンには「空飛ぶ45歳をお楽しみください!」と表示された。

 同ツアーは、昨年7月発売のアルバム「THE STILL LIFE」を引っさげて11、12日の大阪城ホールと合わせて4公演を開催。平井は「たかだか4公演でファイナルって言うのもなんだけど…」と自虐的なトークで笑いを誘い、「1人1人のハートの真ん中に届くように一生懸命歌いたい」とファンを沸かせていた。

 12年ぶり2作目のベストアルバム「歌バカ2」を7月12日に発売することが発表された。

最終更新:4/19(水) 22:38

スポーツ報知