ここから本文です

【NBA】K.ラウリー復調、ラプターズがバックス下し1勝1敗

ISM 4/19(水) 17:11配信

 現地18日、ミルウォーキー・バックス対トロント・ラプターズのイースタンカンファレンスプレーオフ1回戦第2戦が行われ、第3シードのラプターズが106対100で第6シードのバックスに競り勝ち、1勝1敗の五分に戻した。第1戦で不発だったカイル・ラウリーが、試合を決定づけるシュートを決めるなど、22得点をマークした。

 ラプターズは、残り2分3秒に100対100と同点に追いつかれたが、デマー・デローザンのジャンプシュートで勝ち越し。残り8.9秒に、第1戦でわずか4得点に終わったラウリーが、104対100とリードを広げるシュートを沈め、試合を決めた。

 ドウェイン・ケイシーHCは、第1戦のスランプから復活したラウリーについて、「それが彼だ。彼は競技者でありファイター。第1戦の自分のパフォーマンスに満足しないことは分かっていた」と語った。

 ラウリーは12本中6本のフィールドゴール(FG)に成功。初戦で全6本を外したスリーポイントシュートは、5本中2本を沈めた。デローザンは23得点、サージ・イバカは16得点、ヨナス・バランチュナスが10得点、10リバウンドをマークした。

 バックスはヤニス・アデトクンボが24得点、15リバウンド、クリス・ミドルトンが20得点、グレッグ・モンローが18得点をマークした。

 敵地での2連勝は逃したものの、アデトクンボは「この2戦で多くのことを得た。相手の注目を引いた」と、手応えを感じていた。

 第3戦は場所をミルウォーキーに移し、20日に行われる。(STATS-AP)

最終更新:4/19(水) 17:11

ISM