ここから本文です

久保田利伸、音楽へのリスペクトでNYの危険を回避

4/19(水) 21:22配信

オリコン

 歌手の久保田利伸が19日、都内で開催されたNetflixオリジナルドラマ『GET DOWN(ゲットダウン)』のスペシャルトークショーに出演。日本のR&B界のパイオニアとして知られる久保田は、同ドラマの登場人物たちと同年代、舞台の米ニューヨークを拠点に活動した期間も長いことからリアル“ゲットダウン”なエピソードを披露してファンを沸かせた。

【全身ショット】NYでの出来事を身振りを交えて語る久保田利伸

 作品は、70年代後半のニューヨークを舞台に、ヒップホップをはじめとする新たなダンス・ムーブメント誕生の瞬間を5人のティーンネイジャーたちの成長を通して描いた音楽ドラマ。「まずタイトルがいい、“GET DOWN”は自分の曲の中でもよく使う言葉。それから、オールドスクールのファンク、ソウル・ミュージックも出てくるし、ヒップホップ、ブレイクダンス、グラフィティアート、ラップ、DJ、さらにラブストーリーもあって好きなものばっかり」と、久保田。イベントの出演オファーも快諾し、万事整えてニューヨークから駆けつけた。

 久保田は「30年以上前、初めて行ったディスコは、いつ、どの店だったか覚えてないけど、原宿、渋谷、六本木など、週1回はどこかしら行ってました。なるべくオープン直後に入って、フリーのドリンクやフードで腹ごしらえして、閉店するまでずっと踊っていました。踊っているのも楽しいし、かかっているのは好きな音楽だけですし、出会いもあるし、帰りたくなかったですね」と、若かりし頃を懐かしんだ。

 日本のディスコから、好きな音楽を極めるため、ブラックミュージックの本場、ニューヨークに乗り込んでいったわけだが、「大変なことは決まっている。勇気、覚悟がないとね」と他人事のように振り返った。

 特に、ブラックミュージックが根付くハーレムやヒップホップ発祥の地とされるサウスブロンクスは、ニューヨークの中でも治安が悪いことで知られる。久保田も泥棒を捕まえようと警官が追いかけている現場に遭遇し、「足下にピストルが転がってきた」といったエピソードには事欠かず、「危ない目にあったことはいっぱい、いっぱいあります」。

 それでも、大きなトラブルに巻き込まれず、ニューヨークで活動を続ける秘けつは、「ニューヨークが好きで、ニューヨークで生まれた音楽をリスペクトしているというのが、自分のど真ん中にある。その気持ちが雰囲気で伝わるんでしょうね、ウェルカムな感じになる」と、特殊な環境で勝ち抜いてきた久保田らしい、ユニークな見解。

 さらに、ニューヨークを目指す若者に「行くぞって気持ちがあればOK。NYとLAには小さいものから大きいもの、テキトーなものからちゃんとしたものまで、日本の100倍くらいパーティーがあるので、嫌でもパーティーに出て、目が合った人と話しをするといいと思います。僕は嫌いだったけど、もっとパーティーに出て、社交的になっていればスムーズにできたこともあったかもしれない」とアドバイスを送っていた。

最終更新:4/19(水) 21:36
オリコン