ここから本文です

観光バス版「四季島」県内運行 ゆったり革張り36人乗り

4/19(水) 13:08配信

福島民報

 JRバス東北は18日、豪華寝台列車「トランスイート四季島」が福島県会津若松市のJR会津若松駅に到着した際、乗客が利用する大型観光バスの画像を公開した。
 ゆったりと座ることができる36人乗りで、座席は総本革張りとなっている。福島市の福島支店に新車2台を配置する。
 四季島の乗客が会津若松市を観光する際に利用する他、一般客の観光貸切バスとしても活用する。
 会津若松駅に到着する四季島はJR東日本が5月から11月までの日曜日を中心に1泊2日で運行する。
 JR上野駅を出発して長野、新潟の両県を経由して会津若松駅に至り、東北線を経由して上野駅に戻る。チケットは完売している。

福島民報社

最終更新:4/19(水) 13:42
福島民報