ここから本文です

「水木しげる直筆」に注意 水木プロ“偽サイン”に「心を痛めております」

オリコン 4/19(水) 15:20配信

 2015年11月30日に93歳で亡くなった『ゲゲゲの鬼太郎』などで知られる漫画家・水木しげるさんの「水木プロダクション」は19日、公式ツイッターとフェイスブックを通じて、“直筆の偽サイン”が出回っていることに注意を促している。

 ツイッターでは「ネットオークションに限らず、あちこちのオークションで『水木しげる直筆』なるものが出回っているようです」と報告。「『直筆保証』がついているものもあるようですが、弊社は真贋(しんがん)鑑定を行っておりません。また弊社が出品することはありません」とし「ニセモノも多く、我々は大変心を痛めております」と訴えている。

 偽サインにおいては過去に、人気グループ・嵐のメンバーらを偽ったサインがインターネットで販売されたとして問題になったほか、松井玲奈がSKE48時代に、自身を含む同グループメンバーの偽サインがオークションなどで出回っていることに対して「99%偽物ですよ」と注意を呼びかけるなどしていた。

最終更新:4/20(木) 9:42

オリコン