ここから本文です

“小栗旬物まね芸人”おばたのお兄さん、芸名の認知向上目指す「まーきのって言われる」

オリコン 4/20(木) 19:15配信

 俳優の小栗旬(34)の物まねをするお笑い芸人・おばたのお兄さん(28)が20日、沖縄・イオンモール沖縄ライカムで行われた『よしもと沖縄シュフラン』試食選考会に出席。この日も『花より男子』の小栗の物まね「まーきの!」で沸かせていたが、「電車とかで気付かれることが多くなったけれど、だいたい『まーきの』って言われます。芸名で呼ばれたい」とさらなる知名度向上に意気込んだ。

【写真】まーきのッ!『花男』で花沢類を演じる小栗旬

 おばたのお兄さんは、2013年にデビュー。ひのでというコンビで活動していたが、2016年1月に解散し、ピン芸人に転向した。今年1月に放送されたフジテレビ系『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』で披露した小栗の物まねが話題になり、3月に放送されたTBS系『櫻井・有吉THE夜会』では小栗本人から公認をもらった。

 ORICON NEWSの取材に応じたおばたのお兄さんは、注目度が上がっていることを喜びつつ、「電車の中で、首をかしげながら『まーきの』って声をかけられます」とポツリ。芸名の認知度を上げるために、「日本体育大学出身でスポーツが得意なので、そっちで頑張って知名度を上げたい」と対策を明かし、先日も『オールスター感謝祭』のマラソンで6位という結果を出したばかり。「スポーツができるっていろんな人に知ってもらえた」と手応えを感じていた。

 とはいえ、まだまだ「まーきの!」の注目度は高く、この日もイベント中に集まった女性や、子どもたちから大人気だったおばたのお兄さん。商品を試食した際には、周囲の期待に応えて「いただき“まーきの”」「う“まーきの”でした」のコメントで沸かせた。

 ちなみに、自身のツイッターではきょう開幕した『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』(~23日)の開催中に沖縄県にいる“まきの(かわいい女性)”を探す企画『まーきのポイポイ散歩』を行っている。「順調に進んでいますが、山田優にだけは言わないでください」とキャラを守り、「僕(小栗)は今34歳なので、美人を34人紹介したい。でも、おばたのお兄さんは28歳なので、最悪28人」と付け足していた。

 この日のイベントは、全国の主婦が主婦目線で47都道府県の隠れた名産品にスポットを当てる企画『よしもと47シュフラン』のエリア密着型特別企画『よしもと沖縄シュフラン』として、試食選考会を開催。物産プロデューサーの内田勝則氏は「皆さんの力でバックアップしてもらって頑張りたい」と話し、おばたのお兄さんのほか、スリムクラブ、とにかく明るい安村、ビスケッティ、大屋あゆみがそれぞれ試食し、沖縄の味をアピールした。

最終更新:4/20(木) 19:31

オリコン