ここから本文です

燕・畠山、選手登録抹消で検査へ…走塁の際に左膝裏「プチっといった」

サンケイスポーツ 4/19(水) 5:00配信

 (セ・リーグ、巨人3-0ヤクルト、1回戦、巨人1勝、18日、熊本)ヤクルトは、今季初の零封負けで今季ワーストの借金5。巨人・菅野の前に3安打に終わった。

 「打線は最後に攻めたが、打つ手がなかった。うちが攻めきれていない印象」。真中監督が、渋い表情を浮かべた。

 故障者も出た。二回、畠山が二塁への打球を放って走り出した際に左足を負傷し途中交代した。「左膝の真裏。プチっといった。肉離れという感じ」と畠山。左足を引きずった状態で、19日に出場選手登録を外れ、同日に病院で検査を受ける。

 チーム打率がリーグ最下位の・221と低迷する中、椎間板ヘルニアの川端、インフルエンザの坂口に続く3人目の主力の離脱。坂口はこの日のイースタン・リーグ、日本ハム戦(戸田)で実戦復帰しており、早期の1軍合流が待たれる。

 杉村チーフ打撃コーチは「(畠山の離脱は)とても痛い。若手に頑張ってもらうしかない」と奮起を促した。

最終更新:4/19(水) 5:00

サンケイスポーツ