ここから本文です

DeNA・今永がプロ初完封で今季初勝利 広島打線を1安打に抑える 

サンケイスポーツ 4/19(水) 21:27配信

 (セ・リーグ、広島0-4DeNA、2回戦、1勝1敗、19日、マツダ)DeNAは先発した今永翔太投手(23)が132球を投げ、1安打完封で今季初勝利を挙げた。2年目左腕にとってはプロ初完投で完封。一回こそ一死一、三塁のピンチを背負ったが、ここで新井を遊ゴロ併殺に仕留めて無失点。立ち上がりを乗り切ると、その後は1安打も許さず九回までゼロを並べた。 

 今永は「すごくホッとしている」と初完封の興奮よりも初白星に安堵の表情だ。「前日の浜口の投球を参考に、緩急を使っていけるところはストレートで押し込んでいった。自分の投球を忘れないように投げました」と汗をぬぐった。

 前日の試合で5回1失点の投球を見せたD1位左腕・浜口の姿を自身の投球に生かしたという。4四球を与えての完封には「何度もピンチがあって、仲間に助けられた」と感謝。「リリーフも開幕からずっと投げている。野手も守って打ってと一生懸命プレーしてくれている。その中で自分が先発としてしっかり働くことによってチームを勢いづけていけたらいい」とうなずいた。

最終更新:4/19(水) 21:27

サンケイスポーツ