ここから本文です

(朝鮮日報日本語版) 『マンツーマン』主演パク・ヘジン「韓流を意識したドラマじゃない」

朝鮮日報日本語版 4/19(水) 9:20配信

 俳優パク・ヘジンが、ドラマ『マンツーマン』について、韓流を意識したドラマではないと語った。

【写真】 パク・ヘジン&キム・ミンジョン主演『マンツーマン』制作発表会

 パク・ヘジンは18日午後、タイムスクエア(ソウル市永登浦区)のアモリス・ホールで開かれた総合編成チャンネルJTBCの新金土ドラマ『マンツーマン』(キム・ウォンソク脚本、イ・チャンミン演出、ドラマハウス・マウンテン・ムーブメントストーリー制作)の制作発表会に出席し、このように語った。

 パク・ヘジンはこの日「(高高度防衛ミサイル〈THAAD〉配備による中国の限韓令〈韓流禁止命令〉)制裁がないとは考えられないだろう。けれども韓流ドラマとか、あるいはどこかを意識して作ってはいない」と語った。

 さらにパク・ヘジンは「韓国で人気が出れば、中国だけでなく、どこの国でも人気を集められると思う」と付け加えた。

 『マンツーマン』は、超一流韓流スターのボディーガードを務めることになった多才多能でミステリアスなゴースト要員と、彼を取り巻く隠された男(マン)たちの活躍を描くドラマ。放送は今月21日午後11時から始まる。

最終更新:4/19(水) 9:21

朝鮮日報日本語版