ここから本文です

「北朝鮮からの難民を日本が救助するという事態にも」夕刊フジ編集長

4/19(水) 11:10配信

AbemaTIMES

(C)AbemaTV

 北朝鮮は4月15日に故金日成主席の生誕105年記念日を迎えた。

 恐れられていた核実験はなかったものの、夕刊フジの中本編集長は核実験は延期されているだけで「まだ安心できない」と解説。

 米・ペンス副大統領が韓国に続いて日本を訪問、安全保障上、日本に対して米韓との連携を求めたとし、「やり方を間違えると北朝鮮が暴発したり、あってほしくはないですけれども、朝鮮半島で戦争状態に近いような事があれば、北朝鮮からの難民を日本が救助するという事態にもなりかねない」と危機感を示した。

 安倍首相も、政府としても難民発生時の準備はしているという趣旨の答弁している。中本編集長は「危険が去っているわけではないということです。どういう状況であっても危機感を持って暮らしていかないといけない。かといって我々ができることは限られているので、平和に事が進んでほしいなと願うばかりですね」と話した。

(Abema One Minute Newsより)

最終更新:4/19(水) 11:10
AbemaTIMES