ここから本文です

歴史情緒漂う函館、人力車が復活 えびす屋 北海道新幹線開業効果狙い決断

北海道新聞 4/19(水) 7:00配信

昨年度の観光客数 過去最多の見通し

 北海道小樽市など全国の観光地で人力車を走らせる、えびす屋(京都)が22日、函館市内で約8年ぶりに営業再開する。昨春の北海道新幹線開業による観光客の増加を受けたもの。2006年春に函館西部地区に進出したが、客足が伸びず慢性的な赤字から09年9月末に撤退していた。

【動画】JKT48が函館ロケ 新曲ビデオ撮影で観光名所満喫

 えびす屋は、京都・嵐山や東京・浅草など全国9カ所で営業し、函館は小樽に続く道内2カ所目の営業拠点になる。

 函館では西部地区の観光商業施設「金森赤レンガ倉庫」を起点に、明治時代の洋館が立ち並ぶエリアなど、3キロ前後を基本に案内する予定だ。

 前回、撤退した当時の09年度は函館の観光客数が06年度比で約50万人減の433万人に落ち込んでいた。これが16年度は北海道新幹線開業で過去最多の550万人を突破する見通しで、同社は「新幹線開業でプラス思考になった」という。

北海道新聞

最終更新:4/19(水) 7:00

北海道新聞