ここから本文です

白石麻衣の握手会が“神対応”と話題に「完璧な人物」「シンプルに感動」

MusicVoice 4/19(水) 7:06配信

 乃木坂46の“まいやん”こと白石麻衣が17日放送の日本テレビ系『人生が変わる1分間の深イイ話』に出演。握手会の様子が写し出されると、ネット上で“神対応”と話題を広げている。

 番組では、白石の写真集『パスポート』が21世紀最大のヒットを記録し、「細すぎないほどよい肉体」が女性からも支持を集めていることを紹介。ただ、白石には悩みがあるといい、それは「休んだ記憶ないです 1日」ということのようで、番組では忙しい白石の一日のスケジュールを紹介し、ライブ終了後の握手会の様子を映像で流した。

 その握手会会場には多くの人が集まり、一番人気の白石のレーンに大行列ができる様子が映し出され、昨年はおよそ30回の握手会を開催したことを伝えた。

 その握手会では、白石にファンが「あだ名をつけてください」など語りかけるが、即座にスタッフに「はい、お時間で~す」と壁を作られるシーンをはじめ、女性ファンから「ズッキュンやってください」「まいやんポーズして」などと頼まれたシーンがあった。

 白石はキュートな視線をまじえてポーズをキメるなど、一言に思いをこめるファンに対し、しっかりと目を見つめ、笑顔で応じようとする姿が映し出された。

 6時間に及んだこの日の握手会。それを笑顔でこなした白石は「ファンの方の応援がないとやっていけないと思うし、一言一言が結構、力になってるというか。頑張らなきゃなって」との気持ちがあることを語り、撮影クルーに感謝の言葉を述べていた。

 この映像を見たファンは、白石の印象をSNSやネット上に続々と書き込み、「さすが神対応だなぁ」「白石麻衣という女性は 最強であり最高である」「ほんと白石麻衣は完璧な人物だと思う」「白石麻衣という人の礼儀正しさにシンプルに感動」「男女に人気なるのわかる、こんだけ人気で天狗にならず、まさに女神だ」などと、その“神対応”ぶりに称賛の声を挙げた。

 また、番組では白石が現在、映画「あさひなぐ」の撮影で多忙の毎日を送っていることを紹介。その撮影シーンなどを紹介していると、白石が泣き出した映像が流れた。緊張したという白石は「(芝居が)できた自分にひと安心」と語り、番組では、白石が自分を追い込みがちな性格であることも紹介していた。

 ファンはこうした多忙な生活の中でもファンに丁寧な対応をする白石に好感を持っている様子で、「半端ない忙しさの中 あーやって握手会とか神対応してるのは凄い」「この多忙の中あの美貌をキープしてる白石麻衣はやっぱり神」などと、白石の凄みを改めて感じているようだ。

最終更新:4/19(水) 7:06

MusicVoice