ここから本文です

道で倒れた高齢男性、夫婦が救護…交通事故から守る 武南署が感謝状

4/19(水) 10:30配信

埼玉新聞

 道路に倒れ込んだ高齢の男性を安全な場所に移すなど救護し交通事故を防止したとして、埼玉県の武南署は12日、川口市の会社員、加藤智晃さん(31)と妻の佐弥香さん(31)に感謝状を贈った。

 加藤さん夫妻は3月31日夜、外食をして車で帰宅途中に、70代の男性が道路上に尻もちをついて倒れたのを目撃。車を止めて「大丈夫ですか」と駆け寄った。男性は「大丈夫だ」と答えたが安全な場所に移して110番。駆け付けた同署員や救急隊員に引き継いだ。

 相馬豊署長は「そのまま放置されていたら、男性は後続車にひかれるなど重大事故になった可能性もある。適切な行動で大変ありがたい」と感謝。佐弥香さんは「お年寄りが倒れるのを見て放っておけなかった」と話した。

 智晃さんの母の兄は、埼玉県警の元警察官の佐藤典道さん。1988~89年の連続幼女誘拐殺人事件など重大事件の現場で指揮を執り、退職後の2014年8月、73歳で他界した。佐弥香さんは「警察から感謝状を頂いたことを義母も喜ぶと思う」と話していた。

最終更新:4/19(水) 10:30
埼玉新聞