ここから本文です

PKにはご用心? ユーヴェ指揮官に立ちはだかる“天敵”とは

4/19(水) 0:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ミラン時代に苦しめられたその人物とは?

12日(日本時間)にUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグが行われ、ユヴェントスがバルセロナに3-0で勝利した。2ndレグは日本時間で20日の早朝3時45分より、バルセロナの本拠地カンプノウにて行われる。

2014-2015シーズン以来となる同大会ベスト4進出を目論むユヴェントス。だが、同クラブを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督にとって、2ndレグで主審を担当するビョルン・カイペルス氏(オランダ)の存在は不気味であろう。

2012年4月に行われた同大会の準々決勝で、当時ACミランを率いていた同監督はバルセロナと対戦したが、2ndレグでバルセロナに2本のPKを献上し、敗退の憂き目に遭った。その試合で主審を務めたカイペルス氏と20日の試合で対面することになるが、ユヴェントスの選手たちは独特の雰囲気が漂うカンプノウでの戦いにおいて、平常心を保つことができるだろうか。ラウンド16の1stレグで背負った4点のビハインドを覆し、準々決勝に駒を進めたバルセロナの奮闘ぶりも含め、楽しみが尽きない一戦となるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/