ここから本文です

登山シーズン到来、人気の両神山で開山式 救助隊ら登山の安全祈願

埼玉新聞 4/19(水) 10:30配信

 日本百名山の一つである両神山(標高1723メートル)の開山式が18日、埼玉県小鹿野町両神薄の日向大谷登山口で行われ、関係者たちが今シーズンの登山の安全を祈願した。秩父山系で最初の山開きで、本格的な登山シーズンが到来した。

 両神山は日帰り登山が可能で、登山客からの人気が高い。開山式は登山口にある両神神社で祭典を実施後、地元の山岳会や県警山岳救助隊などの関係者ら約25人が登山道に整列。ハナモモやサクラも咲く中、同神社の鈴木正行宮司が大麻(おおぬさ)を左右に振ってのおはらいをして、参列者も一礼して登山の安全を祈った。

 秩父地域では二子山と熊倉山が29日、武甲山が5月1日に山開きする。

最終更新:4/19(水) 10:30

埼玉新聞