ここから本文です

ソナス・ファベール、ネットワークスピーカーほか4モデル発表!

Stereo Sound ONLINE 4/19(水) 18:38配信

スピーカーはオマージュの新シリーズ“オマージュ・トラディション”

 オーディオ輸入商社のノアは、同社が取り扱うブランドであるソナス・ファベール(Sonus faber)の新製品発表会を都内で行なった。今回発表となったのは下記2シリーズ4モデルで、発売日はすべて4月21日。

●SF16
・価格:140万円(税別)
・タイプ:アンプ内蔵・3ウェイ10スピーカー
・アンプ出力:1400W(4Ω)
・寸法/質量:W640×H230×D415mm(クローズ時)、W1080×H262×D415mm(オープン時)/25kg

●ガルネリ・トラディション(Guarneri Tradition)
・価格:200万円(ペア、税別)※専用スタンド付
・タイプ:2ウェイ・2スピーカー・ブックシェルフ型
・再生周波数帯域:40Hz~35kHz
・クロスオーバー周波数:250Hz
・寸法/質量:W239×H375×D377mm/16kg(本体)、W300×H390×D1135mm/30kg(スタンド取付時)

●セラフィーノ・トラディション(Serafino Tradition)
・価格:260万円(ペア、税別)
・タイプ:3.5ウェイ・4スピーカー・フロアスタンディング型
・再生周波数帯域:30Hz~35kHz
・クロスオーバー周波数:80Hz/250Hz/2.5kHz
・寸法/質量:W396×H1091×D485mm/52kg

●アマティ・トラディション(Amati Tradition)
・価格:360万円(ペア、税別)
・タイプ:3.5ウェイ・4スピーカー・フロアスタンディング型
・再生周波数帯域:28Hz~35kHz
・クロスオーバー周波数:80Hz/250Hz/2.5kHz
・寸法/質量:W411×H1170×D515mm/61kg

アンプ内蔵ネットワークスピーカー SF16

 SF16は、プリアンプ、スピーカー、ネットワークオーディオプレーヤーが一体となったオーディオシステム。ソナス・ファベールの創始者である故フランコ・セルブリン氏がブランドを設立する前の1980年に手掛けた「Snail」を、現代のデザインテイストと最新テクノロジーを駆使して再現したというモデルだ。

 大きなボディは120mmウーファーを前後方向に1基ずつ搭載。プッシュ・プッシュで駆動することで、振動を打ち消すとともに、強力な低域再生を実現した。

 本体の左右には電動で伸び縮みするサテライトスピーカーがあり、ここも前後それぞれに50mmミッドレンジ2基(前後で計4基)と2.5mmトゥイーター2基(同4基)を備える。このサテライトと本体の距離により、形成する音場を調整し、サイズを超えたサウンドステージを実現できるという。

 DLNAに対応し、NASやUSBメモリーに保存したFLAC、WAV、MP3、M4A、AACなどを再生可能で、対応ファイルは最大192kHz/24bitまでとなる。また、DTSのロスレス音楽伝送技術「Play-Fi」に対応しており、スマホやPCのPlay-Fiアプリから連携するSpotifyやTidalなどのストリーミング配信サービスにアクセスし再生できる。なお、本機についての詳細は山本浩司さんがレポートしている。

1/2ページ

最終更新:4/19(水) 18:42

Stereo Sound ONLINE