ここから本文です

仙台市で30メートル超す突風 北陸や東北は19日夜遅くまで暴風・高波に警戒

4/19(水) 16:43配信

ウェザーマップ

 北陸や東北では19日夜遅くにかけて、海上を中心に非常に強い風が吹き、20日明け方にかけて大しけとなる所がある見込み。暴風や高波に警戒が必要だ。

■北陸や東北は19日夜遅くまで暴風・高波に警戒

 19日午後3時、上空に寒気を伴った低気圧が東北を通過している。低気圧の影響で東北や北陸で西寄りの風が強く吹き、宮城県仙台市では午後1時43分に30.4メートルの突風を観測した。

 低気圧は19日夜遅くには三陸沖へと進むが、北陸や東北では19日夜遅くにかけて、海上を中心に非常に強い風が吹き、20日明け方にかけて大しけとなる所がある。暴風や高波に警戒が必要だ。
 
 ≪19日に予想される最大瞬間風速≫
 東北     35メートル
 北陸     30メートル
 
 ≪20日にかけて予想される波の高さ≫
 北陸、東北  6メートル

■急な天気変化に注意

 19日夜遅くにかけて、北陸を中心に大気の状態が不安定となる。落雷や突風、ひょうに対して注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保を心掛けたい。

最終更新:4/19(水) 16:50
ウェザーマップ