ここから本文です

福井の新ブランド米は「いちほまれ」 名称決定、秋から試験販売

福井新聞ONLINE 4/19(水) 12:31配信

 2018年から本格生産・販売する福井の新ブランド米ポストこしひかりの名称が19日、「いちほまれ」に決まった。ふくいブランド米推進協議会(会長=西川一誠・福井県知事)が東京都内のホテルで発表会を開き、流通先としてにらむ首都圏のコメ卸業者らにお披露目した。

 「いちほまれ」は、「こしひかり」を生んだ県農業試験場が11年度から6年をかけて開発したコメの新品種。甘みや粒の弾力が特徴。秋から試験販売する。2018年には一般向けの販売を始める。

 昨年12月から今年1月にかけて名称を公募し、県内外から集まった約10万7千件から選んだ。

 福井県は1956年、全国最多の収穫量を誇るコシヒカリを開発したが、知名度で他県産コシヒカリに後れを取ってきた。新銘柄米は11年に開発を始めた。県はコシヒカリの後継と位置付けており、今後、積極的なPR活動を展開する方針。

 西川知事は「新しいコメが消費者に親しまれ、愛されるように一丸となって努力していきたい」と話した。

福井新聞社

最終更新:4/19(水) 12:55

福井新聞ONLINE