ここから本文です

池上駅の駅舎・駅ビル開発計画に6月着手 2020年開業へ 東急

乗りものニュース 4/19(水) 11:10配信

構内踏切を廃止、南口を新設

 東急電鉄は2017年4月18日(火)、池上線・池上駅(東京都大田区)の駅舎改良と駅ビルの開発計画に、今年6月から着手すると発表しました。

【画像】駅改良で利用客の流れはこう変わる

 駅舎は、現在北側1か所にある改札口を橋上化し、南口を新設。これにより改札内の構内踏切が廃止されます。

 駅ビルは5階建てで延床面積は9990平方メートル。保育園や生活支援施設、飲食店舗などの導入が検討されています。開業は2020年9月末の予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:4/19(水) 11:27

乗りものニュース