ここから本文です

ディズニーの実写映画『美女と野獣』をさらに楽しむためのトリビア4

ELLEgirl 4/19(水) 22:40配信

ディズニーの名作アニメーションの実写版『美女と野獣』が、いよいよ4月21日(金)より日本公開! ネタバレまでいかないけど、観る前に知っておくと、作品の楽しみ方が倍増する裏話をインタビューと記者会見から抜粋してお届け。

【写真】「ハリー・ポッター」から『美女と野獣』へ!エマ・ワトソンの成長アルバム

監督はダンが歌えることを知らなかった?

ダンとは仕事したことがあり「なんでも演じられる俳優」と絶賛した監督。でも「まさかあんなに歌えると思ってなかった。野獣にピッタリの大きな声で驚かされたよ」と絶賛。

ミュージカルに初挑戦した俳優がエマ以外にも

エマがミュージカル初挑戦ということは周知の事実。だが「イアン・マッケランも実は初めてだって知ってた?」と監督。歌って踊って笑えるコグスワース役。劇中ではほとんど置き時計の姿だけど、歌声は確かにイアンです。

アニメーション版にはいないキャラ

ベルの母親をはじめ、ディズニー・アニメーション版にはない役もいくつか。なかでも監督は「ハープシコードに変身しているカデンツァは、スタンリー・トゥッチが演じてるんだけど、彼は大きな役割を果たすことになったよ」とか。

ミュージカルにしない、という案もあった!?

「実は当初、本作はミュージカル映画にしないつもりで話が進んでいた」という監督。そんなのあり得ない! というのはファンだけでなく「僕もそうじゃなきゃヤダ、って思った」そう。

(Text: Masamichi Yoshihiro)

最終更新:4/19(水) 22:40

ELLEgirl