ここから本文です

広島サヨナラ勝ちも…野村は“鬼門”DeNA戦で勝てず「反省はたくさんある」

Full-Count 4/19(水) 8:11配信

昨季セ・リーグで唯一白星なしの相手に6回3失点で勝ち負けつかず

 広島の野村祐輔が18日のDeNA戦に先発し、6回3失点で勝ち負けはつかなかった。昨季は最多勝を獲得した野村だが、セのチームではDeNAのみ勝ち星がなく、“鬼門“の克服に挑んだマウンドでまたも勝てなかった。

今年も勢い止まらぬ広島、2017年NPB順位表

 4回までは無失点。2回に2安打を浴びて2死一、二塁のピンチを作った以外は、全て3者凡退と順調な内容だった。しかし、5回に先頭の倉本に安打を許すと、柴田に打たれて無死一、三塁とされ、高城のスクイズで先制を許した。続く濱口は三振に抑えて2死としたが、桑原にフルカウントから死球を与えた後、梶谷、ロペスに連打されて3点を失った。

 6回3失点(自責3)はクオリティースタートだが、野村は「先に点を取られてしまったので」と下を向いた。チームは9回にサヨナラ勝ちとなったものの、「反省することはたくさんある」と声は小さく『ツーアウトからの失点』という指摘に「その通りです」と答えただけだった。その後も質問にただうなずくのみで、悔しそうな表情のまま、言葉少なにロッカールームに消えた。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:4/19(水) 8:43

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/1(月) 13:25