ここから本文です

10歳差のズベレフ兄弟 2回戦進出、わずか53分で快勝<男子テニス>

4/19(水) 13:30配信

tennis365.net

モンテカルロ・ロレックス・マスターズ

男子テニスのモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッド クレー、 ATP1000)は18日、ダブルス1回戦が行われ、A・ズベレフ(ドイツ)/ M・ズベレフ(ドイツ)組がP・ロレンジ(イタリア)/ A・ラモス=ヴィノラス(スペイン)組に6-4, 6-2のストレートで勝利し、2回戦進出を果たした。

【ナダル ズベレフは「将来1位」】

この試合、ズベレフ兄弟は7度あるブレークポイントを全て死守。自身らは相手のサービスゲームを3度破ってわずか53分で勝利した。

2回戦ではF・メルゲア(ルーマニア)/ A・クレシ(パキスタン)組と対戦する。

19歳のアレクサンダーは、現在世界ランク20位。2013年にプロ転向してからここまで、ツアー2勝をマーク。男子テニス界の次世代を担う選手として「ネクスト・ジェネレーション」の1人に選ばれており、「RACE TO MILAN」(21歳以下最終戦出場ランキング)では現在トップを走っている。

今大会シングルスには、第14シードで出場。17日のシングルス1回戦では予選勝者のA・セッピ(イタリア)に6-1, 6-2のストレートで勝利して2回戦に進出した。2回戦ではF・ロペス(スペイン)と対戦する。

一方、兄のミーシャは29歳。今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ではA・マレー(英国)やJ・イズナー(アメリカ)らを破る快進撃で初のベスト8に進出。準々決勝ではR・フェデラー(スイス)に敗れたが、サーブ・アンド・ボレーを軸にブレークを果たした。しかし、全豪オープン後は5大会で初戦敗退するなど、勢いに乗ることが出来ていない。

今大会のシングルスでは、1回戦でJ・ヴェセリ(チェコ共和国)と対戦したが、6-7 (3-7), 3-6のストレートで敗れた。

tennis365.net

最終更新:4/19(水) 13:30
tennis365.net